誤解のないネット上でのコミュニケーションの仕方

ネットビジネスがここまで発展し、あらゆる情報がここまで散乱していると、
自分にあったニーズのモノを選んでも、果たして自分の選択が本当に正しかったのだろうかと、
不安になることも多いだろう。

特に海外とのやり取り。。。。

お互いに顔が見えない分、謎や不信感などから不安感を招く事も多い。

それは実際にクライアント側だけではなく、クライアントを受け入れるこちら側も同じ事だ。

ビジネスの完結するまでのメールでの数回のやり取り、、、、
それこそ宝くじと同じくフタを開けてみるまで中身が分からない。

今日は、失敗のないネットで選んだビジネスの利用の仕方について綴りたいと思う。

調べるときのチェック ポイント

ネットに書いてある情報よりも一番大切な事は、
それらのビジネスが実際にキチンと稼働してるか、どうか調べる事。

①所在地などの住所がキチンと載っているか?

②連絡先としての電話番号が載っているか?

③実際にその番号に電話をしてみて相手方が出るか?

④電話を書ける前に相手方にメールを送ってみて、実際に自分のメールが届いてるか
  確認をしてもらう。

⑤電話に出てもらったら大まかなビジネスの詳細を説明してもらう。

⑥確認のために必ず電話に出た人の名前を聞くこと。


聞き出すときのチェック ポイント

相手の情報を上手く引き出すには、ある程度自分の情報も相手に与えないといけない。
なぜならば、クライアントにとって提供する側がエイリアンであるように、
提供する側にとっても客はエイリアンだからだ。。。。

①団体営業か個人営業か聞いてみる。

②自分の知りたい事について説明する。

③相手の事業内容を聞いてみる。

ビジネスへ展開するときのチェック ポイント

①自分の予定が確定なのか半確定(未定)なのか、相手方に先に知らせる。

②変更が有りうるであろうことをしてに伝える。

③その後、明確な詳細を伝える。

確認の為の確認

①いつまでにビジネスをクローズしなければいけないか訪ねる。
  (いつまでに申し込みを終了しないといけないのか)

②こちら側が気をつけなければいけない点について訪ねてみる。
  (入金がきちんとできなかった場合/返金時に手数料が自己負担になるか)

③どこまでのアフターケア及びサービスを受けられるのか。
[PR]

  by casa-del-mondo | 2008-04-01 00:30 | 日記

<< PHOTO

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE